スマイス・セレソン

スクールと選手をはっきりと区別した練習方法。スクール生はのびのびとサッカーができる環境づくり、選手には団体として組織としての行動を優先していく。
選手や生徒に対しての特待生などはなく、全員に平等にチャンスを与えて行きたい。練習を休みたい人は休めばいい、休んだりサボったりすることに対して怒ったりするつもりはないです。ただし、休んだ分の差は必ずはね返ってくる。限られた時間では限られた練習しかできない。自由な時間をサッカーに使うような子どもたちを育てたい。そんな子どもたちは必ず伸びてくる。そして最後に笑うのはハートの強い子です。